Information

Event2019.07.26

★7/25 残席10席★
東大准教授が教える、見える化で生産性を高く!
働くことを考える!!

いつも本メルマガをご愛読いただきありがとうございます。
ティーズブレイン通信事務局です。

時間当たりの労働生産性の可視化をテーマにした
東京大学大学院経済学准教授(「オフィス学」専攻)によるセミナーに関し
再度、ご案内致します。

7月25日(木)の開催日も迫っており、残席わずかとなり、8月22日(木)も徐々にお席も
埋まってまいりました。

お申込みいただいた方々からは、『ホワイトカラーの「生産性の可視化」に強い興味を
持った』とのコメントを多く頂戴しております。
業種、職種によって、「生産性」として捉える指標は変わりますが、今回、ご紹介する
可視化の手法や考え方は、様々な場面で活用できます。

「生産性の可視化」を検討することは、貴社のビジネスや
従業員のワークライフバランスにあった「働き方」を明確にするとても大切な施策の
一つです。

少しでも、ご興味ある方はお早目にお申込みください!

タイトル:『東大准教授が教える、見える化で生産性を高く!働くことを考える!!』

◆当セミナーに参加することで『学べること』『できること』

①アカデミックな視点から、「労働生産性の可視化をどのように行うのか」を、
メーカーにおける研究結果をもとにレクチャーします。
「時間当たりの生産性の可視化」について、考え方・手法を簡単に理解することが
できます。

②ホワイトカラーの「時間あたりの生産性」の測り方について、弊社の実例を
ご紹介します。また、生産性を高めるために不可欠な『意識改革』や、
『就業環境の改善』などの施策もご紹介します。

③「生産性の可視化」に必要な『行動分解』に関して、深い理解を促します。
日常生活によくある事柄に関し、『行動分解』をご説明します。
ご参加者の皆様は、ご自宅に帰ってから、行動分解の理解を再実感いただけます。

④グループワークによって、他社の課題、働き方改革の実情を知り、貴社の
「働き方改革」のヒントを得ることができます。

◆開催概要

開催日:2019年7月25日(木)[残席:10席]
2019年8月22日(木)[残席が余裕があり、お申込み可能です]
※7月25日、8月22日ともに同じ内容です。

時間:15:00~17:30(受付/14:45~)

場所:東京大学 本郷キャンパス
小島ホール1階第2セミナー室
〒113-0033 東京都文京区本郷7-3-1

参加費:無料

定員:40名
※定員になり次第締め切りとさせていただきます。
昨年開催した東京大学でのセミナーでは、数多くのお問い合わせを頂き、
定員オーバーによりお断りせざるを得ない状況もございました。
是非お早めにお申し込みください!

申込締切:2019年7月23日(火)17:00まで

◆講師紹介

東京大学大学院 稲水伸行准教授

東京大学大学院経済学研究科博士課程単位取得退学。
東京大学ものづくり経営研究センター特任助教、
筑波大学ビジネスサイエンス系准教授を経て、2016年より現職。
博士(経済学)(東京大学 2008年)。オフィス学プロジェクト主宰。
著作:『流動化する組織の意思決定』
(東京大学出版会、第31回組織学会高宮賞受賞)

◆お申込み方法

・下記必要事項をご記入の上、下記アドレスまでご連絡ください。
申込先アドレス:info@t-sbrain.jp

・件名は、参加希望日に合わせ「7月25日セミナー参加希望」または
「8月22日セミナー参加希望」と入力の上、お申し込みください。

・メール以外でも、弊社TEL(03-6408-5000) にて参加お申込み受付が可能です。

【必要事項】
①貴社名
②部署・役職
③代表者様氏名
④ご参加希望人数
⑤ご連絡先
⑥本セミナーに対する期待・要望等

・申込締切 2019年7月23日(火)17:00迄
・当セミナーに関し、ご不明な点がございましたら、上記メールアドレス、
もしくは、お電話にて、お気軽にお問い合わせください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

一覧に戻る
PAGE TOP