Information

News2014.09.22

ストレスチェックテスト義務化 施行日決定

2014年9月16日に厚生労働省は、
労働安全衛生法の一部を改正する法律の施行期日を定める政令案を発表しました。

これにより、
6月19日成立(25日公布)の改正安全衛生法で定められたストレスチェックの施行日が
2015年12月1日に決定しました。

今回の政令案により
来年の12月1日よりすべての事業主(50名未満は努力義務)に
ストレスチェックが義務化されることとなります。

ストレスチェックテストの運用に当たり、
実施フローや就業規則の整備、実施後の対応・体制づくり等、様々な準備が必要です。

厚労省からはストレスチェックにあたっての標準的な指標が出ておりますが、
せっかく実施するのであれば、

「投資」

として活用できるテストを取り入れられてはいかがでしょうか?

弊社では昨年度から、
ストレスチェックを切り口とした組織活性化診断を取り入れ、
企業風土・課題分析を行い、
職場環境(空間・施策作り)からの課題解決支援を行って参りました。

ストレスチェックで把握した個人的な課題への対応はもちろん重要ですが、
ストレスの原因に企業風土が影響しているのであれば、
根本的な対策も必要です。

職場環境を物理的に変えることは、
課題解決に対する1つの大きな武器・きっかけ、
さらに経営から社員へのメッセージとなり得ることは
日々とても感じております。
様々な制度や運用の整備と物理的な整備を、
同時進行で行うことで、さらに変化のスピードは上がります。

ソフト面・ハード面両方から、
お客様の課題解決にアプローチすることを、お勧め致します。

 

ストレスチェック2

 

一覧に戻る
PAGE TOP