Information

T's brain2018.11.27

T’s brain通信Vol.94[2018年11月27日配信]
「課題解決のためのデザインとは?」

●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「課題解決のためのデザインとは?」  T’s brain通信Vol.94[2018年11月27日配信]
●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

いつも本メルマガをご愛読いただきありがとうございます。
ティーズブレイン通信事務局です。

あっという間に11月も終わりですね。今年もあと1ヶ月!年末になるにつれて何かと忙しくなる
かと思いますが、風邪などひかぬよう、くれぐれもご自愛ください。

さて、今月もT’s brain通信をお届けいたします。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆◆◆働く環境の変革コンサルティング事業◆◆◆

◆◆「課題解決のためのデザインとは?」◆◆

◆◆皆さんのオフィスは「絵に描いた餅」になっていませんか?

「絵に描いた餅」ということわざは誰でも知っていますよね。昔は、お餅の値段は、現代とは
比べものにならないほど高かった時代にできたことわざとされています。

オフィス構築や移転も、通常は役員会や経営会議といった機関決定が必要なイニシャル
コストが必要なプロジェクトです。

ティーズブレインの考えるオフィスデザインは、お客様のオフィス投資にかける想いを
しっかり受け止め、「絵に描いた餅にしない」デザインをする。に尽きます。

◆◆だから、見た目だけのオフォスは作りません。

昨今、恰好いいオフィスがどんどん増えています。また、お客様からのご要望も多岐にわたり
ます。

「カフェー風のオフィスにして欲しいです。」
「インパクトのあるエントランスにしてください。」
「一体感が感じられると最高です。」
「〇〇部門と△△部門のコミュニケーションが誘発できないですかね?」

などなど

勿論、そういったご希望を満足する結果として、恰好いいデザインのご提案になるケースもたく
さんあります。ただし、そこにたどり着くプロセスをティーズブレインは非常に重要と考えて
います。

◆◆オフィス使いこなし「運用」視点

ティーズブレインは、営業も、デザイナーも、プロジェクトマネージャーもオフィスはお客様の
課題解決の「装置・場」ととらえています。しつこいくらい運用方法をお聞きすることになります。

オフィスを「絵に描いた餅」にしたくない、絵に描いた餅になっていて宝の持ち腐れになっている
場合は、ぜひ、弊社にご相談ください。オフィスの使いこなしを一緒に考えましょう。

詳細は、こちらを御覧ください。
https://www.t-sbrain.jp/business/01.php

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆◆事例紹介◆◆

〇お客様
某再生エネルギー事業会社様 様

〇プロジェクト概要
ドイツに親会社がある某再生エネルギー事業会社様が、東京に新規拠点を立ち上げる
ことになり、海外では一般的な設計/プロジェクトマネジメント方式でのオフィス開設を
ご希望されておりました。

立地は、日本のビジネスセンターである丸の内。
比較的小規模ながらも短期間かつ、特にB工事のコストコントロールが不可欠なプロジェクト
でありました。

また、同社は、再生エネルギー事業会社ということもあり、エントランスや会議室は、同社
のクリーンエネルギープラントを想起できるデザイン、ならびに執務エリアは、採光や景観
を考慮した空間構成がご希望でした。

レイアウト設計ではこうしたご希望を実現するために、ナチュラルな素材とガラスパーテ-
ションで構成するオフィス構築を進めました。

また、調達フェイズにおける当社のコストコントロール力についてもご満足いただける結果
となりました。

〇プロジェクト期間
2018年3月~2018年5月(約3か月間)

〇移転先
東京(丸の内)

〇坪数
30坪

〇業務内容
設計/プロジェクトマネジメント

詳細はこちらをご覧ください
https://www.t-sbrain.jp/projects/%e6%9f%90%e5%86%8d%e7%94%9f%e3%82%a8%e3%83%8d%e3%83%ab%e3%82%ae%e3%83%bc%e4%ba%8b%e6%a5%ad%e4%bc%9a%e7%a4%be%e6%a7%98/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆◆◆オフィスの「オープン×メガ」化が働き手に与える影響◆◆◆

昨今のオフィス(ビル)の動向としては「オープン×メガ」化という調査結果があります。

オープン化とは、執務エリアには視界をさえぎるキャビネットやパーテションをなるべく配置
しないで、見通しを確保することをいいます。また、メガ化とは、1フロア面積が500坪以上
を指します。最近は1フロアが1000坪クラスで、無柱空間というオフィスビルも増えて
います。

こうしたオフィスで働く場合、社員は、実は、ストレスや疎外感を感じている可能性があると
いうのです。

◆◆働き方パフォーマンス診断ツールを活用したメガオフィス課題可視化

詳細は、働き方パフォーマンス診断ツールで異業種連携をしているクロスキャットの
HRブログに掲載しています。

こちらをご覧ください。
https://www.cc-bizmate.jp/blog/

「オープン×メガ」オフィスの使いこなしや労働生産性向上はティーズブレイン×クロスキャット
にお任せください。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆◆【20名様限定】 12月11日 (火)「ビジネスアスリート養成セミナー」開催のお知らせ

昨今、トップアスリートのように心・技・体に加えて、思考・能力・熱量を兼ね備えたビジネスマン
が注目されています。

そこで、弊社のコンサルティングサービスの一つである、メンタルトレーニングを取り入れた意識
変革をご紹介いたします!

■開催のご案内
【日時】 2018年12月11日(火) 15:00~17:00 (14:45~受付)
※セミナー終了時間を変更しておりますのでご注意ください。
【場所】 NATULUCK品川駅前会議室 RoomB
(〒108-0074 東京都品川区高輪3-24-18 高輪エンパイヤビル地下1階)

■セミナー詳細はこちら
https://www.t-sbrain.jp/uploads/2018/11/e4a93b130bbe3e8286baf184656bd352.pdf

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

一覧に戻る
PAGE TOP