NEWS ROOM

オフィス移転のリアル話

2023.12.08

  • プレスリリース

株式会社ティーズブレインマーケティングチームです。

今回は弊社がオフィス移転をした際に、管理部門担当が『モバサク』が役立ったと言っていたため、インタビューを実施いたしました。

『モバサク』がオフィス移転でどのように役立ったのか、オフィス移転の成功とは何なのか、といった点を掘り下げていきました。

・オフィス移転で失敗したくない!

・オフィス移転する予定だが、なかなか動き出せない

・環境改善のためにオフィス移転した方がいいのか分からない

このようなケースに有益な情報ですので、ぜひ最後までお読みください。

 

【オフィス移転のリアル話】

弊社では自社開発の『モバサク』というサーベイを活用しているのですが、それがオフィス移転で役立ったとのことで、管理部門担当にインタビューを行いました。

中期計画を達成するために人財確保に力を入れた結果、目標以上の人財を確保できたものの、それゆえにオフィスが手狭になり移転に踏み切ることとなった弊社。

『モバサク』の活用により、オフィス移転がスムーズに進められたという、担当者の話をそのままご紹介します。

 

 

 

 

 

 

<モバサクの定期実施によりオフィスに必要な条件が明確に>

当社は、多様な働き方に対応し、高い生産性を実現するために『モバサク』を定期的に実施し、【組織(人)・働く時間・働く場】を掛け合わせ、働きやすく無駄のない職場環境を作ってきました。

そんな中、人財増加により早急にオフィス移転をしなければならなくなり、担当で動き始めました。

『モバサク』の実施により、当社のオフィスに必要な条件がすでに明確化されていたため、スタートから非常にスムーズでした。

 

◇当社のオフィスに必要な条件◇

・集中を要する業務に適した空間や機能がある

・社員同士コミュニケーションがとりやすい環境

・少人数で集まりアイデア出しができる

”ブレーンストーミング”できる場がある

・リラックスできるオフィス

 

『モバサク』を実施することで「社員がオフィスに求めていること」などを定期的にヒアリングできていたため、社員たちの意見を吸い上げてオフィス選びに生かせました。

★Point★

社員の意見を定期的に直接吸い上げられていない企業が多く、オフィス移転の際にも「上層部の意見だけ」で決めがち。そうなると、社員たちが求めるオフィスにならず生産性やモチベーションが上がらない可能性が……

『モバサク』があったからこそ、経営陣の了承もスムーズにおりて、社内調整もしやすかったです。なにより、移転先の新オフィスについて社内公表した際には、社員たちから歓声が起こり、新しい環境で始まる未来にワクワクしている様子が伝わってきて、こちらも嬉しくなり期待が膨らみました。

 

<『モバサク』で今後もオフィスを成長させていく>

オフィス移転後には、期待通り社員たちがいきいき、のびのびと働いている姿を見られて、良い移転先が見つかったことに満足感を覚えました。

しかし、時代は進み続け、働き方もますます多様化していきます。常に最新かつ最適な働き方を実現できるよう、オフィスの環境作りは流動的に成長させていかなければならないと思っています。

オフィス移転して終わり、ではなく、これからも快適なオフィスにバージョンアップしていけるよう、今後も『モバサク』を活用していきたいです。

 

一覧に戻る