Information

T's brain2020.06.10

【T’s brain通信】[2020年6月10日配信]
【with/afterコロナ】”あえて”オフィスが必要な理由とは Vol.1

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ティーズブレイン 営業チームでございます。
 
緊急事態宣言中の4月末、弊社では2回にわたってWeb座談会を開催し、
「アフタ―コロナ」の働き方とオフィスの在り方を参加者の皆様と議論しました。
その中で、ほぼ大半の方が「コロナ後自社の働き方やオフィスは変わってくる」と
答えられ、その理由として下記のようなコメントを頂きました。
 
・業務の特性上、テレワーク(在宅勤務)は全く無理だと思っていたが、
コロナをきっかけにやってみたら意外とできることが分かり、オフィススペースの無駄が見えた
・本社の機能は信用問題上必要ではあるが、全員を収容する必要はないのでオフィスはコンパクトになるだろう
・通勤地獄はもう味わいたくない
・オフィスは1拠点集中ではなく、職住近接で分散型になる
・オフィス=コラボする場となり、より小さくなるのでは?その分リモート環境整備等のITへの投資が増えるだろう
・より生産性を意識する働き方にシフトするので、従業員の数を増やすという発想はなくなるのでは?
・会社(オフィス)に行くだけが仕事ではない、在宅で働くということも仕事の選択肢の中に含まれてくる
 
上記の様に、コロナの影響で半ば強制的に在宅勤務をしてみたら、意外と目立った問題もなく実施できてしまったので、
これまでと同じオフィススペースがいらないのでは?という印象を持った担当者が多いようでした。
この流れについては、日々営業されている皆様も体感されていることかと思います。
また、二の足を踏んでしまっているケースもあるのではないでしょうか。
 
では、在宅勤務が上手くいけばオフィスはいらないのか…
必ずしもそうではないと我々は考えております。
 
業務上問題がなくても”あえて”オフィスが必要な理由として学術的な観点から、
オフィスの持つ3つの機能がございますので、
今後数回にわたってご紹介し、営業活動の一助になれたらと思います。
次回はオフィスの持つ「手続き的機能」について触れていきます。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――
***効果的にwith/afterコロナの働き方を考えていくためのクライアント向け特別支援企画をご案内***
 
☆働き方×オフィスコスト削減Web相談会のお知らせ
<<立地の見直しに繋がる機会が生まれるかもしれません!>>
オフィスの在り方でお悩みになられているお客様がいたら、ぜひご紹介下さい。
在宅勤務をしてみたら、オフィスが広すぎる?と感じ始めたクライアント様を中心に
45分限定で働き方を変えてオフィス面積削減実現!の可能性を専門家がアドバイス致します。(事前予約制)
 
 【相談会スケジュール】
 月曜日 11:15~12:00 15:00~15:45
 火曜日 11:15~12:00 15:00~15:45
 金曜日 11:15~12:00 15:00~15:45
 
【お申込み方法】
会社名、所属部署、役職、お名前、弊社担当営業をご記載の上、
お問い合わせフォーム(https://www.t-sbrain.jp/inquiry/)またはTEL:03-6408-5000までご連絡ください。
 
※担当の者より折り返しご連絡させて頂きます
※Zoomを使用したオンライン打ち合わせも可能です
※ご質問も受け付けております
―――――――――――――――――――――――――
弊社新卒社員によるブログがスタートしました!
―――――――――――――――――――――――――
その名も「新卒日記」
今年の4月に入社した新卒社員ならではの新鮮な目線で、
働く中で感じたことを自由に綴っております。
是非チェックしてみてください!
https://www.tb-performance.jp/blog/%e6%96%b0%e5%8d%92%e6%97%a5%e8%a8%98-vol-1%e3%80%80%e3%80%80
一覧に戻る
PAGE TOP